次の個人再生を検討するといいでしょう

破産申告の際に自分の返済義務にあたってほかに保証人を立てている場合にはあらかじめ相談しておいた方が良いです。http://www.mag2market.com/

ふたたび、改めて言いますが、借金に保証人を立てている場合は自己破産をする前に少し考えた方がいいでしょう。

なぜなら、もし破産宣告をして免除されると、その保証人がその義務を払う必要があるからです。

なので、破産宣告以前に保証人となる人にそれらの詳細とか今の状態を説明し、謝罪をしなくてはならないでしょう。

そういったことは保証人となる人の立場から見ると当たり前です。

みなさんが破産の手続きをすることから、いきなり大きな返済義務が生じることになるのです。

そうなると、それからのその保証人の行動の選択ルート4つになります。

まず1つめですが、保証人となる人が「いっさいを返金する」という手段です。

保証人自身がいつでも高額なポンと返金できるというようなお金を用意しているならばそれができます。

でもその場合はそのまま破産手続きせずにその保証人に借金して、これからは保証人に毎月返済するという手順も取れるのではないでしょうか。

保証人がもし破産を検討している人と関係が親しいなら少し期日を長くしてもらうことも問題ないかもしれません。

保証人が一括で返すことができない場合でも業者側も相談により分割払いに応じてくれます。

あなたの保証人に債務整理を実行されると貸金が一円も返金されない可能性があるからです。

もし保証人が保証したお金を全部背負う経済力がなければ、借金しているあなたとまた同じくどれかの債務整理を選択が必要になります。

2つめは「任意整理」を行う方法です。

貸方と相談する方法によってだいたい5年ほどのあいだで完済をめざす方法になっています。

弁護士などに依頼する場合の費用は債権者1社ごとに4万。

全部で7社から負債があるとしたら28万必要です。

むろん貸方との交渉は自分でやることもできないことはないかもしれませんが、この面での知識がない素人だと債権者が自分たちにとって有利な提案を勧めてくるので、注意する必要があります。

くわえて、任意整理を行うとしたとしてもその保証人に債務を払ってもらうわけですから、あなた自身は長くかかるとしてもその人に返済していく義務があるでしょう。

次の3つめは保証人となる人も破産した人と同様「破産する」という選択です。

保証人である人も返せなくなった人と同様に破産すれば、保証人となる人の借金も消滅します。

ただ、その保証人が住宅等の不動産を登記しているならば所有する資産を取り上げられますし資格制限のある職についている場合影響は避けられません。

そのような場合、次の個人再生を検討するといいでしょう。

4つめの方法としては、「個人再生という制度を使う」ことができます。

不動産を残したまま債務の整理を望む場合や、自己破産では資格制限に触れる仕事に従事している場合に検討していただきたいのが個人再生による整理です。

この手段なら、住居する不動産は処分しなくてもよいですし破産申し立てのような職業の制限、資格制限等は何もかかりません。