www.fordclub.info
冬の時期に美味しいのは、大根です。 ブリ大根、豚バラ大根、鶏大根や鍋に入れたり、大根おろし、大根おろしも甘みが出ます。 夏の時期に食べる大根とは、本当に旨みが違い、たくさん作ってもついついバグバク食べてしまいます。 良く、大根には栄養がないと言われますが、でんぷんを分解する酵素「ジアスターゼ」が多く含まれていて、でんぷん質と混ざると糖に変わります。そのため、消化を助けることにより、胃もたれや胸やけに良いと言われています。 また、大根の辛み成分「メチルメカプラン」は、血栓の防止効果があり、生活習慣病やがんが予防できると言われています。 毎日大根を食べると健康につながると聞き、たくさん取り入れるようにしています。 また、昔からの民間療法として使われている「はちみつ大根」。 これは、大根おろしをはちみつにつけて、風邪薬の代わりに、咳がひどい時や、のどが痛い時に飲みます。 はちみつ大根の効果は、結構あなどれなく、最近妊婦さんたちの間で広まって人気があるようです。 私も妊娠時や授乳時の薬が飲めない時に良くお世話になりました。